ゴキブリの侵入経路と対策方法

ゴキブリの侵入経路と対策方法

ゴキブリの侵入経路について

ゴキブリとは、家のさまざまな所にしれっと出て来ては、人間をびっくりさせますよね。

そのようなゴキブリは常に水や、エサのある場所を探しており、時には家の数ミリという隙間でさえも、すり抜けて家の中に侵入してきます。

そのようなゴキブリの侵入経路はある程度限らてきますので、その経路を防ぐようにしましょう。

玄関から堂々と侵入

人間と同様に玄関の扉が少しでも空いていると、その隙間から侵入してくる可能性があります。

元から開いているお宅は少ないと思いますが、人が開けたタイミングを狙って侵入したり、もしくは郵便受けがドアと一体になっているドアは注意が必要で、その郵便受けの隙間を狙って入ってきます。

ベランダの窓や網戸

ゴキブリは羽根がありますが、基本的に空は飛べません。

なのでマンションの通常の4階以上は、直接に侵入は出来ないですが、もう少し下の低階層であれば、ベランダの窓の隙間や、網戸がしっかりと締まっていなかったりすると、その小さな穴を目掛けて滑空してきて侵入をしてきます。

ベランダと言えど、窓や網戸は必ず締まっているかを確認が必要です。

排水溝、排水口

ゴキブリの一番の侵入経路と言える箇所は、こちらの排水溝や、排水口になります。

特にゴキブリは水や、湿気の多い場所に多く生息しますので、特にキッチンや、浴室、洗濯機の周辺などは、外部と排水溝で繋がっていますので要注意です。

頻繁に水が通っていますが、ゴキブリは水に流される事なく、配管の水が通らない場所に潜み侵入してきます。料理中や、食器の後片づけ中に現れたらもう最悪ですよね…

換気扇、通風孔、エアコンの室外機

ゴキブリはその数ミリの隙間でも侵入出来ますので、作動していない時のキッチンの換気扇や、通風口などの隙間など良い侵入経路と言えます。

その他に、エアコンの室外機も外部と繋がっていますので、特に作動していない時には、こちらも要注意です。

荷物と一緒に侵入

侵入経路を断っているのに、どうしてもゴキブリが侵入してくるという時は、こちらのケースがあります。

宅配の段ボールに潜み一緒に侵入してくる場合や、観葉植物などもゴキブリの良い隠れ家になりますので、その手入れで外に放置したり、玄関から入れようとした、その隙間を狙って侵入をしてきます。

ゴキブリの種類によって侵入経路が違う!?

ゴキブリは誰でも怖くて苦手な方も多いと思いますが、その駆除するにあたっては、そのゴキブリの情報は知っておく必要があり、その侵入をしてきたゴキブリの種類を把握し、どのような種類が発見したのかによってその侵入経路も違ってきます。

日本のお宅に侵入してくるゴキブリは、大きく分けて「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」の2種類になります。その特徴と侵入経路も違いますので紹介していきます。

屋外から侵入する「クロゴキブリ」

「クロゴキブリ」とは、その名の通りに黒くて成虫の体長としては、約30㎜くらいと大きなゴキブリの種類となり、いわゆる普段家庭で見かけるゴキブリの種類と言えるでしょう。

こちらは、屋外からの侵入や、ベランダの窓や、玄関の隙間などから侵入してきます。

低層階ではベランダなどから侵入してきますが、高階層では、エレベーターを使って人間と一緒に侵入したり、又は荷物の段ボールと一緒に侵入したりしてきますので要注意です。

潜み続ける「チャバネゴキブリ」

こちらの「チャバネゴキブリ」は少し明るい色のゴキブリで、「クロゴキブリ」に比べて成虫の大きさは小さく13㎜くらいになり。

こちらのゴキブリは滑空は出来なく、小さいの発見しにくくその繁殖力も驚異的で、一度侵入してしまうと、冷蔵庫のモーターや、流し台の裏側などに巣をつくり一年中繁殖してしまう種類となります。

侵入経路としては、荷物に潜んで侵入する場合が多く、その後は一目の付かない場所に潜み、人間の寝静まった夜中に活動する事が多いです。

特にこちらの「チャバネゴキブリ」とは飲食店のキッチンなどに繁殖する傾向があります。

出会わない為に、侵入経路の対策法!

ゴキブリは絶対に侵入させたくないですよね、しの侵入経路別に対策方法も違いますので、確認して対策しましょう。

「玄関対策」隙間のチェック

先ずは、玄関の隙間などのチェックをして、特に扉や、床などに元から隙間がある場合は、その隙間を埋めるテープや、簡易粘土などで家の周りを見渡して隙間を塞ぎましょう。

そして、新聞受けも常に注意が必要で新聞や、荷物を入れておくとゴキブリの隠れ家になるので、早い目に回収しましょう。

どうしても侵入してしまう場合は、新聞受けは別で設けるようにしましょう。

そして、玄関から侵入したゴキブリが最初に潜む場所としては下駄箱に身を潜めますので、この下駄箱には、待ち伏せ型の殺虫剤を散布しておきましょう。

これは直接ゴキブリに散布する殺虫剤では無く、あらかじめスプレーし、その場所そゴキブリが歩くと死んでしまいます。

その他にも、設置型の殺虫剤(ベイト剤)と言われる物で、こちらは毒エサになりそれを食べれば絶滅するという物です。

「ベランダ対策」隙間のチェック

ベランダに関しても、窓や、網戸の隙間からの侵入を防ぐので、その隙間をとにかく埋めるという作業が必要で、網戸や、サッシの隙間には、ホームセンターなどに売っている網戸、サッシ用の「隙間テープ」を使い、とにかく隙間を埋める事です。

また、駆除に関しても玄関と同様に待ち伏せ型の殺虫剤や、設置型の殺虫剤や毒エサなどが有効的です。

さらにエアコンのドレインホースなどには、ドレインカバーを付けましょう。

そして、ベランダでの注意点は落ち葉や、ほこりなどもゴキブリの隠れ家になりますので、定期的にベランダの清掃も行いましょう。

「排水溝、排水口対策」ゴミ受けなどもチェック

キッチンや、お風呂の排水溝や、排水管などに忍び侵入していますので、それにはゴミ受けを活用しましょう。

これは設置されているゴミ受けの網目が大きくて緩んでいる場合などは要注意です。

隙間が5㎜以上あれば侵入可能なので網目の細かいタイプを排水溝や排水口に設置して侵入を防ぎましょう。

また、排水管や、排水口自体が汚れていると、その汚れにゴキブリは寄ってきますので、パイプクリーナーを定期的に使用し、特に排水口や、排水管自体も綺麗に保つ必要があります。

「換気扇、通気口対策」フィルターやパテで埋める

換気扇や通気口は直接外部とつながっていますんので、そのような箇所にはホームセンターや、100均にも売っている網目の細かいタイプの虫よけフィルターを取り付けるようにしましょう。

更にその通気口や換気扇と壁に隙間がある場合は簡易のパテや粘土で、その隙間を埋めるようにしましょう。

5㎜の隙間で侵入可能なので、良く隙間をチェックしてください。

パテで埋める作業に関しては、そんなに難しくないので、簡易のパテなら取り扱いも粘土のような物を埋めると固まるタイプの物もあり簡単に埋める事も出来ます。

「家に入る時の対策」とにかくチェックする

荷物と一緒に侵入する場合いも多いので、他の侵入経路を断っても発見される場合は、荷物が配達されれば、良くチェックをし「チャバネゴキブリ」などは小さく段ボールの隙間に潜んでいますので、食品などでは無い場合は直接殺虫剤を散布したり、とにかくチェックが必要です。

又は、飲食店で、鞄や、上着などを掛けて置いたり、床に鞄を置いていたりすると、そのポケットや、鞄自体に侵入しそのまま家に入ってくるという事もあるので、飲食店から帰ってくる際にもチェックが必要です。

生ごみの取り扱いにも注意

食べかけの食品や、生ごみを家の中に放置していると、それに誘われて侵入してくるという事もありますので、侵入経路を断つこととその誘いになるような、生ごみなどは放置しないようにしましょう。

夏場だと、特にその臭いが発生しますので、その時期などは放置せずに即日に捨てるようにしましょう。

その処理が難しい場合は家の外に蓋つきのごみ箱を設置して家の中からは出すようにしましょう。

それと食べかけの食品に関しては、食品の臭いに関しても敏感なのでジップロック式のタッパや、袋に入れて冷蔵庫で必ず保管しましょう。

ゴキブリの直接駆除

一度、家の中に侵入されてしまうと、その繁殖力から絶滅するのは難しいですので、そのような時には燻煙タイプの殺虫剤が効果的です。

これは煙によって家に潜んでいるゴキブリを絶滅させるタイプの殺虫剤ですが、お宅に小さなお子さんや、ペットなどが居る場合で心配の方もおられますが、現在は煙の出ないタイプや、子供や、ペットに無害なタイプなども発売されていますので、その使用方法をしっかりと理解して使用する事で安心できるかと思います。

このように、家の外からの侵入経路をとにかく防ぐ事や、隙間を埋める事と、侵入してしまったゴキブリに関しては、燻煙タイプの殺虫剤や、設置型の殺虫剤や、待ち伏せ型の殺虫剤などを使い駆除するようにしましょう。

ゴキブリ侵入経路まとめ

ゴキブリの侵入経路を最後におさらいをしておきましょう。

ゴキブリの5つの侵入経路
・玄関、郵便受け、荷物の郵便
・ベランダの窓、網戸、サッシ
・排水溝、排水口(浴室、トイレ、キッチン、洗濯機)
・家との隙間(換気扇、ドレインホース。換気口、室外機)
・荷物と一緒に(段ボール、観葉植物、プランター)

こちらの侵入経路が疑わられる箇所となりますので、その侵入経路の対策や、その経路に対してのゴキブリ駆除の種類などもありますのでその場所に対しての殺虫剤を使う事が必要です。