一人暮らし時ゴキブリに遭遇しないために対策を徹底解説

一人暮らしの生活を送っている時、あの恐怖のゴキブリと対峙してしまうと、それはそれは背筋が凍る思いをするものです。

1度出会ってしまうと、また遭遇してしまうのではないかと、恐怖心にかられてしまいますよね。

では、一人暮らしをしている時にゴキブリに遭遇しないためには、どんな対策を講じればいいのでしょうか。

まずは生態を知って誕生を阻止する

ある程度部屋の掃除はしていたはずなのに、ゴキブリに遭遇してしまうと大きなショックを受けてしまいますよね。

自分の部屋にゴキブリがいるはずがない、どこからか降ってわいてきたのではないか、とさえ思いたくなるものです。

ですが、ゴキブリはしっかりと誕生しています。

ゴキブリ対策の第一歩は、まずは「敵の生態を知る」ことです。

ゴキブリは、1年中うろうろしていそうなイメージですが、気温が20度を超える春ごろになると卵からかえります。

寒い冬が終わり温かくなってくるとゴキブリは孵化し、成長していくのです。

そのためには、春こそがゴキブリ対策に重要な季節であり、何らかの対策を講じる必要がある季節ということになります。

ゴキブリの成長を阻止する

孵化したゴキブリは、当然餌を食べながら成長していきますが、その過程において快適な環境にあればあるほど、簡単にそして大きく成長するものです。

ゴキブリにとって快適な環境を作ってしまわないことが、何よりも重要なゴキブリ対策となります。

では、どんな対策を講じればゴキブリの成長と繁殖を阻止できるでしょうか。

高温多湿を避ける

ゴキブリが最も好む環境の1つが、高温多湿です。

家の中でも特に高温多湿になりがちなのが、冷蔵庫と壁の間や家具と壁の間といった狭い「隙間空間」です。

このような空間には空気が通りにくいため、温度が上がりやすいだけでなく、湿度まで上がってしまいます。

高温多湿になりそうな空間ができないよう、家具や壁との間を少し開け、風が通るようにすることで、ゴキブリにとって快適な環境を避けることができます。

餌になるようなものを排除する

ゴキブリによく遭遇してしまうのが、キッチンですよね。

キッチンは、高温多湿になりがちな冷蔵庫の裏の空間だけでなく、何よりもゴキブリの餌となってしまう食品がたくさん揃っている場所です。

食べかすや生ごみは、できるだけキッチンから速やかに排除することで、ゴキブリも排除することができます。

ここで忘れがちなのが、ペットの餌です。

ペットが食べ残した餌などを放置しても、やはりゴキブリの餌となってしまいます。

室内の空気を乾燥させる

ゴキブリにとって高温多湿の環境は、このうえなく快適な環境です。

家具と壁の間が高温多湿にならないためにも、部屋全体の空気を乾燥させることが必要となってきます。

意識的に換気のために窓を開けたり、除湿器をおいてこまめに空気を乾燥させるようにしましょう。

ゴキブリの侵入を許さない

ゴキブリは、屋外からもやってきます。

そのためには、屋外から室内への侵入を防ぐための対策も必要です。

では、ゴキブリは一体どんなところから室内へ侵入してくるのでしょうか。

排水口(キッチン、お風呂、洗面所など)

どんな家にも絶対あるのが排水口です。

排水口にはふたや受け皿がついていることがほとんどのため、こんなところから侵入してくるとは思わない人も、きっと多いことでしょう。

ですが、排水口のようなぬめりのある場所も、ゴキブリは大好きです。

特に小さいゴキブリなら、ほんのわずかな隙間でも侵入してくるため、ここにも対策が必要となります。

排水口の受け皿などに、水切り用のネットやストッキングの使い古しなどをつけると、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

また、わずかな隙間をふせぐためのスキマテープなども活用すると、なお安心です。

排水管やエアコンの排水ホース

エアコンの排水ホースは、室内へつながっているうえ、常にぬめりがある場所です。

排水管やホースから排水された水が、たまった状態のまま放置しないよう配慮しなくてはいけません。

ゴキブリは、排水ホースの口から侵入してくるため、ここにもネットなど網状のものを張ると、侵入を防ぐことができます。

また、排水ホースの中までは自分で掃除することは難しいため、エアコン清掃をしてくれる業者などにお願いすると、排水ホースもきれいにしてもらえます。

ベランダ

ベランダに鉢植えなどがあると、鉢の下が水分でぬめりやすくなりゴキブリにとって好環境となります。

時に鉢植えの場所を動かしたり、鉢の下が常に濡れた状態にならないように気を付けることが大事です。

待ち受けて阻止する

ここまでの対策を講じても、ゴキブリと遭遇してしまう可能性はゼロではありませんよね。

そこで、万が一の遭遇に備えてできるのが、待ち受け作戦です。

粘着力を活用してゴキブリの動きを阻止する「ゴキブリホイホイ」などの、ゴキブリ撃退グッズを置いておくと万が一の時に安心します。

また、ゴキブリが嫌うといわれているハーブの香りがするものや、ハッカ油などを置いておくのも有効的です。

まとめ

ゴキブリは、一人暮らしをしている人にとって「大敵」ともいえる存在です。

1対1で対峙してしまったときのあの緊張感と恐怖感を味合わないためにも、ゴキブリ対策は欠かせません。

まずは敵の生態を知り、成長過程や侵入経路まで把握することで、鉢合わせを防ぐことが可能です。

一人暮らしだからこそ、ゴキブリ対策ができるのも自分だけです。

突然の遭遇にショックを受けないためにも自分でしっかり対策し、ゴキブリから自分自身を守りましょう。