藤沢市の雨漏り修理業者おすすめ比較ランキング【口コミあり】

Left Caption
藤沢市に来てくれる業者に雨漏り修理をお願いしようと思っているけど、どこの業者にお願いするのか一番良いのかな?
都内で雨漏り修理に掛かる料金はどのぐらい?
失敗しない雨漏り業者の選び方なども知りたい。

こんな疑問にお答えします!

【結論】藤沢市の雨漏り修理業者おすすめ比較ランキング【口コミあり】

第1位 雨漏り調査・修繕けんおうリノベーション

けんおうリノベーションの特徴

公式HPhttps://renovation.a2gjpn.co.jp/
電話番号0462-44-0359
お問合せ(メール)http://renovation.a2gjpn.co.jp/contact/
受付時間10:00~18:00(定休日:日曜日)
見積もり無料
対応エリア日本全国に対応
おすすめのポイント

けんおうリノベーションのおすすめポイントは、確かな技術力と明瞭会計な料金体系です。

費用については雨漏り箇所を完全に特定できなければ費用は一切かかりません。

完全成果報酬制となっております。

雨漏り修理を着手しただけでは費用は発生しないので、依頼者側としては非常に心強く安心して任せる事が可能です。

雨漏りの原因を完全に特定し、修繕できる絶対的な自信があるからこその料金体系です。

一度でも別の雨漏り業者に依頼し、改善がされていない方にはぜひ試していただきたい。

一度の施工で改善できなかった場合でも、保証期間内に再発した場合は無償で再調査、再修繕を実施してくれます。

実際に修繕工事を行った方の動画や、施工方法などを動画にして公開しております。

ぜひ一度ご覧になって下さい。

けんおうリノベーションの口コミ

台風で屋根瓦が飛んでしまったので、けんおうリノベーションに依頼をして直してもらいました。連絡した翌日に担当者が来てくださり、現場調査をしてくれました。的確な調査とこれからの影響も考慮してくれたのはありがたかったです。工期も予定通りで、大変頼れるところでした。

 

[藤沢市在住 男性]

調査だけならただでやってくれる、とても良心的な業者さんでした。修繕価格は雨漏れの原因によって違うようでしたが、とんでもない費用ではありませんでしたし、何より保証がついてくるのでお願いする価値はありました。

 

[藤沢市在住 男性]

以前は雨が降ると、いつも憂鬱になっていました。それは雨漏りがひどくて、フローリングや畳の上にバケツを数多く置いていたからです。ある日大雨があり、その時は雨漏りなどと形容できるものでなく、まさに滝のように水が流れ落ちてくると言ったほうが適切でした。その経験に懲りて雨漏り業者を探すことにしました。けんおうリノベーションの口コミが良かったので、そこに作業を依頼したら正解でした。

 

[藤沢市在住 女性]

第2位・第3位につきましては現在該当なし精査中。

これで失敗しない!雨漏り修理業者の選び方

屋根の破損や雨漏りが起きると、屋根の修理が必要になってきます。

大きな台風などで屋根の損傷がひどくなると屋根全体を取り替える、葺き替え工事などが必要になる場合もあります。

屋根裏などの家の内部でカビが発生したり木材が腐っていないか、家の寿命が縮まってしまっていないかなど、毎日不安ですよね。

家の屋根を適切な価格や内容で工事をするためには、業者の選び方が一番大切になりますので、大切な家族との暮らしを守るためにも雨漏り修理の業者選びについて詳しく見ていきましょう。

人間性を見る

雨漏り業者を選ぶ上で、一番大事にしてほしいのが雨漏り業者さんの「人間性」をよく見てください

部分修理でも数万円、葺き替え工事になると何百万円になることもあります。

けっして安く無い買い物になりますので、どうしても金額に目が行きやすくなると思います。

ただし、金額だけでなく実際に工事を行なってくれるのは「人」ですのであなたとの価値観が合うかもとても重要なポイントになります。

打ち合わせを何度も重ねてみて、話しやすかったり、気軽に質問をできる業者は契約の手続きや工事中のやりとりもとてもスムーズに進められる可能性が高いです。

その後のメンテナンスなども気軽にお願いできる可能性があるでしょう。

金額的な部分もとても大事なのですが、まずはあなたが選ぶにあたって、心からこの業者さんにお願いしたいと思える業者さんを選ぶようにしてください。

雨漏りの修理に必要な資格を持っている

雨漏りの修理を行ってもらう際にどの部分がどのくらい損傷しているのかをチェックすることはその時の修理だけでなく、修理後の再発防止にも大切です。

そのためにも修理業者の方がしっかりと知識を持っているのかが大事なポイントになります。

屋根・雨漏りの理解度を表した資格で「建築板金基幹技能者」や「雨漏り診断士」などの資格があります。

資格を持っている方は、それだけ知識を持っている証拠になりますので安心・安全の修理には必要です。

質問に答えてくれる

先にも紹介をしたように、しっかりと資格を持っている業者であれば専門的な知識を持っているので気になった質問に対して正しい内容の答えが返ってきます。

ただ、中には知識が十分では無い状態で修理を行なっている業者もいます。

信頼をできるプロの業者を選ぶためにも、雨漏りの悩みや質問位ついてはしっかりと答えられるかどうかがポイントになってきます。

すぐに屋根の葺き替えを勧めてこないか

雨漏りの修理をお願いして、しっかりと調査をせずに屋根の履き替えを勧める業者はあまり信用ができないかもしれません。

もちろん建物の老朽化が進んで屋根の葺き替えが必要な場合もありますが一般的には10年?15年しか経っていない屋根で葺き替えが必要になるケースは特殊なケース以外ではあまり無いと言えます。

葺き替えのような大きな作業を行わなくても直るのに無理矢理、葺き替えを勧めるような業者には注意が必要かもしれません。

しっかりと現地調査を行った上で見積もりを出してくれるか

中には現地調査をしっかりと行っていないのにも関わらず、料金の話を進めてくる業者の方もいらっしゃるそうです。

実際に現地を確認していないのに、必要な修理の内容などはなかなかわからないと思います。

先にお金の話ばかりをしてくるような業者の理由はなんとなく想像がつくと思います。

簡単に言うと利益を優先しているので少しでも多い金額を取ろうとしているということです。

ただし雨漏り業者も他の業者に負けないために「低価格」を全面に出しすぎて必要な修理までもしてもらえない可能性もありますのでそのあたりにも注意が必要ですよね。

文書で保証内容などを残してくれるか

やはり雨漏りの修理では比較的高額な費用が必要になるため、保証の内容などを文章として形に残しておく必要があります。

そこで重要になってくるのが「文書」です。

アフターケアや保険を正しく受けるためにもどういった保証内容があるのかを文書に明記されているのかはかなり重要なポイントになります。

保証内容だけではなくて、実際に行ってくれた工事内容なども文書に保証してくれているとその業者はかなりの安心感がありますね。

雨漏りの修理業者は安さよりも信頼で選ぶのが大切です。

修理業者の中には、残念ですがずさんな仕事をしたり、適切な工事を勧めることができないところも多いです。

インターネットの普及で、修理業者の比較などが簡単になりましたが比較サイトの運営元は雨漏り修理や防水工事の実績がないので信頼のできる業者の紹介は難しいと思います。

根本的に雨漏りを解決して再発を抑えるには、正しい知識・豊富な経験・豊富な技術が必要となりますので手間ではあるかと思いますが楽な比較サイトに頼らずにしっかりと業者の方に話をした上で信頼をできる業者を選んでいく必要があるかと思います。

雨漏り修理業者に依頼する際の料金相場と相場知識の活用方法

天井や壁から雨漏りがしてきたときには雨漏り修理業者に依頼して直してもらうのが一般的です。

ただ、依頼するとどのくらいの料金がかかるのかが不安な人もいるでしょう。

この記事では雨漏り修理業者を利用するときにかかる料金の種類や相場を詳しく解説します。

なぜ雨漏り修理業者によって料金が違うのかも確認しておきましょう。

雨漏り修理業者の利用にかかる料金の種類と相場

雨漏り修理業者に依頼するときにかかる料金は調査料金と修理料金の二つに分けられます。

それぞれについてどの程度の料金相場なのかを確認していきましょう。

調査料金

雨漏り修理業者に依頼をすると雨漏りをしている箇所がどこか、どのような様子なのかを判断するために調査を実施します。

調査結果に基づいて修理の施工内容を決めて見積もりを出すという流れが一般的です。

調査料金の相場は調査方法によって大きな差があります。

目視による調査では調査費用はかかりません。

屋根瓦が外れていたり、壁にひびが入っていたりするなど、外観でわかる部分だけ調査するのが特徴です。

目視だけでは判断が難しい場合には散水検査、発酵検査、赤外線検査などによって調査を実施します。

散水検査は雨漏りが起こっていると疑われる場所に水をかけて浸水の状況を確認する方法で、料金相場は5万円~15万円程度です。

発光検査は紫外線によって光る性質を持つ液体を雨漏りの疑いがある箇所に浸透させて発光状況を見る検査方法です。

薬液の費用や紫外線の照射などを必要とするため、料金はやや高めで15万円~25万円が相場です。

赤外線検査はサーモグラフィーを使用することで建物の部位ごとにどのような温度になっているかを確認し、損傷や異変を確認する方法です。

赤外線検査は15万円~30万円程度の料金相場になっています。

このように修理をしてもらう前の段階で、目視による判断が難しかった場合には5万円~30万円の費用負担があるのが一般的です。

修理料金

調査結果に基づいて修理を依頼するときには修理料金を支払います。

見積もりを取って内容を確認してから依頼するのが通常の流れです。

修理料金は雨漏りをしている箇所、損傷部位の数や広さ、損傷の大きさ、実施する施工内容などによって異なります。

代表的な雨漏りの場所と施工内容ごとにどの程度の相場かを確認していきましょう。

雨漏りの箇所として頻度が高いのは屋根です。

屋根の修理をする場合には1万円~200万円くらいが料金相場です。

瓦を数枚整備する程度なら1万円~数万円、コーキング補修なら10万円前後で済みます。

しかし、下地が傷んでいて張り替えが必要になっていると10万円~50万円くらいかかるのが相場です。

屋根自体も傷んでいる場合には葺き替えや重ね張りが必要になるため、80万円~200万円程度がかかります。

外壁からの雨漏りも比較的よくありますが、料金相場は10万円~300万円くらいになっています。

コーキングやひび割れの部分的な補修なら10万円前後で依頼できます。

塗装が剥げて壁にもひびが入っている状況では外壁塗装も必要になり、50万円~200万円くらいかかるのが一般的です。

外壁のひび割れがひどくなっていたり、部分的に損壊していたりする場合には張り替えや重ね張りの施工をするため、100万円~300万円が料金相場になっています。

雨漏りによって天井や内壁の修理が必要になった場合には5万円~20万円くらいの料金がかかるのが相場です。

天井の張り替えや壁のクロスの張り替えは5万円~15万円程度で対応してくれる業者が多くなっています。

面積に比例して費用が高くなるため、広い家では20万円程度かかることもあるので注意しましょう。

実際には屋根と天井、外壁と内壁といった組み合わせで両方とも修理してもらわなければならない場合が多くなっています。

調査費用も含めてどの程度の費用がかかるかを足し合わせて考えるのが大切です。

雨漏り修理業者によって料金が変わる

雨漏り修理業者に依頼するのにかかる料金相場に幅があるのは、雨漏りの状態や建物の損傷状況などが違うことだけが理由ではありません。

同じ状況の雨漏りだったとしても、依頼先の業者によって料金が異なります。

この原因は業者ごとに調査方法が違い、その調査結果に基づく修理方法の選定基準も異なっているからです。

また、同じ調査方法と修理方法を選んだとしても、それぞれの単価が業者ごとに違うので大きな料金差が生じることがよくあります。

雨漏り修理業者を利用するときには見積もりを取り、料金相場と比較してみるのが大切です。

高すぎる場合にも安すぎる場合にも何か理由があると考えられます。

想定していたよりも建物の損傷が大きいために料金が高くなっている場合もあれば、完璧な修理ではなく応急処置だから料金が低くなっている場合もあります。

雨漏り修理業者から相場と離れた料金が提示されたときには理由の説明を求めましょう。

その上で納得できる理由だったなら契約をして雨漏り修理の施工を依頼するという流れにすると安心です。